サイトメニュー

体に出来るコンプレックス

女性

施術のそれぞれのメリット

ほくろは誰にでもあるものですが、位置や大きさ、形状によっては大きなコンプレックスとなってしまうこともあります。そのような気になるほくろは、美容外科や皮膚科にて除去施術を行うことが出来ます。そして美容外科にてほくろ除去を行う最大のメリットは、術後の肌がとても綺麗に仕上がるということです。美容外科では、基本的に美容を目的とした施術を行っているので、仕上がりや傷の残りづらさを何よりも重視しています。皮膚科でも同じような施術を行うことは出来ますが、より綺麗な仕上がりにしたい、傷跡をなるべく残したくないという場合は美容外科で施術を受けると良いでしょう。さて、美容外科にて施術を受ける際には、まずは予約をしてカウンセリングを受ける必要があります。カウンセリングにて、取りたいほくろの位置や大きさ、形状などを診察してもらい、適切な施術方法を医師と決めていきます。また、場合によってはほくろと考えていたものが、悪性の腫瘍だった、というようなこともあります。基本的に美容の目的の施術は保険適用にならず自費になりますが、そのような場合は、保険が適用になります。そして、すぐにでも手術が必要となります。痛み、かゆみなどが伴う場合には、そのような可能性が高いので、早めにクリニックを受診すると良いでしょう。また、施術内容は、メスによる直接切り取りの施術、液体窒素による施術、レーザー施術などが一般的です。それぞれに特徴、メリットがあるため、施術内容の説明を良く聞いて、メリットを理解した上で決めるようにしましょう。メスを使った直接切り取る手術の場合は、ほくろを皮膚ごと切り取ってしまうので、再発の心配がなく、色などもまったく残らず除去が出来ます。目立たない場所にあり、かつ大きさが比較的大きい場合などに適用されることが多いです。傷跡は、若干残りやすいこともありますが、位置によってはきちんと綺麗な状態に戻ることも十分期待出来ます。医師とよく相談してみましょう。メスを使うため麻酔を使用し、術後は痛みが伴うこともありますが、一度の施術で治療が完了するというメリットがあります。液体窒素による施術は、液体窒素を患部にあてることで、細胞を意図的に壊死させて除去するという方法になります。術中は痛みを伴うこともありますが、比較的料金が安いというメリットがあります。何度か通院する必要がある場合もありますが、ぽろっと取れた後は傷跡はほとんどわからなくなります。レーザーによる施術は、一番人気の方法です。特殊なレーザーをほくろに照射することによって、メラニン色素を破壊し、綺麗に消えていきます。ほくろが小さく、突起していないようなものに特に有効です。痛みも少なく、身体的負担も少なく、また費用も安いため多くの人がこの方法を選択します。ただし、形状や大きさによってはレーザーを照射出来ないこともありますので、医師によく確認しましょう。このほかにも、クリニック独自で行っている施術はたくさんあります。ホームページや口コミを参考にしながら、自分に合うクリニック、施術方法を探してコンプレックスを解消しましょう。

Copyright© 2018 ほくろの除去方法をチェック!医師に綺麗に取り除いてもらう All Rights Reserved.