サイトメニュー

レパートリーが多いと安心

医者

待遇で選ぶのも吉

美容目的のほくろ除去治療の場合は、美容外科でお願いするのがおすすめです。ただし美容外科もそれぞれ得意とする分野がある場合があり、事前に下調べをしてほくろ除去の経験が豊富なクリニックを選ぶのが良いでしょう。また、ほくろのタイプによって値段や治療方法が変わるため、たくさんの治療方法に対応しているクリニックですと、臨機応変な治療を行なってくれるでしょう。選択の余地が増えるため、よりリスクが少ない方法や、コストを抑えた治療を受けることができるかもしれません。実際にクリニックを調べるときは1か所だけに偏らず、何か所かを比較できる比較サイトを活用すると効率がよいです。口コミ評価もチェックしておくと、医師などの人柄も事前に知ることができるかもしれません。さらには、独自にサービスなどを設定しているところがあります。ある特定条件が揃っている人には割引を行なってくれたり、アフターフォローとして治療後のダウンタイム期間を過ごすためのホテルを手配してくれたりなど、場所によって仕様は様々です。本来の目的はほくろ除去で美しくなることですが、こういった配慮があると治療を受ける側としては嬉しいものです。ほくろの数が複数あるなど、何度か通院する可能性がある人は、待遇の面で選んでみるのもいいかもしれません。クリニックの医療設備と評判、サービス面で申し分ないところを入り口として、実際に説明を受けて信頼できると感じたらそこを選んでよいでしょう。安全面と仕上がりはもちろん、治療を受ける人が納得した上で治療を行なうことが高い満足へとつながります。美容外科で受けられるほくろ除去の方法は、大きく分けて2種類です。1つはほくろの部分をメスなどの医療器具で切り取り、縫合を行なう外科手術です。こちらのメリットは取り残しの恐れがないため、再発のリスクをなくすことができるところです。医師による診断次第では、治療料金も保険が適用される場合があり、費用が抑えられるかもしれません。ただし、根が深いものや大きなサイズのほくろを取り除きたい場合は、一度に取ってしまうとクレーターになってしまう可能性があります。様子を見て複数回に分けたほうがいいケースもありますので、医師と相談しながらプランを立てる必要があります。もう1つはレーザー治療です。出血を伴わない治療方法なので、身体への負担が少ないのが特徴です。所要時間も少なく、痛みもほとんど感じずに治療することができます。レーザー治療の中でも、ほくろの形状によって2種類の方法が使い分けられます。隆起しているタイプには炭酸ガスレーザー治療が用いられ、ほくろ部分の皮膚組織を蒸散させて少しずつ削り取っていく仕組みです。隆起していない、皮膚に対して平坦なタイプの場合は、Qスイッチレーザー治療が使用されます。こちらはシミをとる治療などにも用いられ、色素を薄くする効果があります。取り除くというよりは目立たなくする仕組みの治療方法です。切除と違いレーザー治療は自由診療となっています。サイズによって料金が定められているクリニックが多いので、大きなサイズを除去したい場合は料金もチェックしておいたほうがよいでしょう。

Copyright© 2018 ほくろの除去方法をチェック!医師に綺麗に取り除いてもらう All Rights Reserved.