サイトメニュー

カウンセリング

自由診療でも高くはない

ほくろ除去方法は、切除縫合法やくり抜き法、レーザー切除法が一般的です。悪性腫瘍が疑われる場合は保険診療での切除縫合法となり、3割負担の方で1万〜1万6千円程度が費用の目安です。レーザーの場合は1mm万円以下で処置できることが多いです。

詳しく見る

医者

レパートリーが多いと安心

美しくなるためのほくろ除去治療は、美容外科を受診するのがおすすめです。病院を選ぶ際は経験豊富で治療法の種類も揃っているところを選ぶのが無難です。各々でアフターフォローなどサービスが充実しているところもあり、待遇面で選ぶのもよいでしょう。

詳しく見る

女性

体に出来るコンプレックス

ほくろを除去するためには、メスを使った外科施術、液体窒素、レーザー施術など様々な方法があります。ほくろの位置や大きさ、形状によって適切な方法は異なるため、それぞれのメリットを理解し、自分に合った方法を選択することが大切です。

詳しく見る

2種類の形と腫瘍の可能性

レディ

市販薬も事前にチェック

ほくろには大きく分けて2種類の形状があります。ひとつは触った感じが膨れ上がっているタイプで、もうひとつは皮膚に色がついているだけのシミに近いタイプです。形状によって除去の方法は分かれます。前者のタイプはサイズが大きかったり、根が深くまで張っていたりする可能性があります。除去する際に根が残っていると、一時的に取り除けてもまたほくろへと成長してしまうかもしれません。そのため、手術などで医師に綺麗に取り除いてもらう治療方法がおすすめです。ただし、根が深いものは一度にすべて取り除くと皮膚に穴が開いたようになる恐れがあります。状態次第では、複数回に分けて治療するのがよいかもしれません。また、レーザー治療という方法もあり、ほくろの組織に炭酸ガスレーザーを照射して少しずつ削り取る治療も利用できます。こちらは出血を伴わず、身体への負担も治療の時間も少なく済む手ごろな方法です。次にシミに似たタイプのほくろですが、こちらにも切除手術が用いられる場合はあります。しかし、皮膚から切り取ってしまうと凹んだり、縫合することによって皮膚表面に歪みが生じたりして、顔などの場合は見た目に影響が出る等デメリットがあります。そのため、Qスイッチレーザー治療という方法が人気が高いです。こちらはQスイッチレーザーを色素部分に照射し、色素を抜き取る治療方法です。これならば凹んでしまうこともありませんし、色が消えて目立たなくすることができます。美容外科の分野ではこれらの除去方法が代表的ですが、そもそもほくろではなく悪性腫瘍であることも稀にあります。その際は専門の医療機関で摘出を勧められることでしょう。美容外科でほくろ除去治療を申し込む場合は、飛び入りでは受診することができないことがあります。多くのクリニックでは完全予約制をとっており、特にほくろ除去に関しては治療とは別でカウンセリング予約を事前に入れなければならないところがあります。受診を検討しているクリニックがある場合は、あらかじめネットや電話などで確認をとっておきましょう。クリニック選びも初めから1つに決めて調べるのではなく、いくつかのクリニックをピックアップして比較してみることをおすすめします。また、レーザー治療によるほくろ除去を申し込む場合は、治療直後には火傷のように肌が赤くなる可能性があります。この痕が次第にかさぶたになり、自然と剥がれ落ちることで美しい肌に修復されていきます。この修復期間中、手で触れたりかさぶたを自分で剥がしたりすると、美しく修復されず痕が残ってしまう可能性がありますので注意しましょう。治療を受ける前に、肌のターンオーバーを促進する塗り薬などを調べておくのがよいかもしれません。クリニックによっては独自に塗り薬や保護用シートなどを処方してくれるところもありますし、ほくろ除去治療を行なった体験者の口コミなどでおすすめの塗り薬をリストアップしておくことを推奨します。また、レーザー治療の種類によっては、治療部分を水に濡らさないよう注意を受けることがあります。治療部分さえ水に濡れなければ当日中の入浴は可能なのですが、場所的に難しい場合はあらかじめ入浴してから治療に臨んだほうがよいでしょう。

人気記事

カウンセリング

自由診療でも高くはない

ほくろ除去方法は、切除縫合法やくり抜き法、レーザー切除法が一般的です。悪性腫瘍が疑われる場合は保険診療での切除縫合法となり、3割負担の方で1万〜1万6千円程度が費用の目安です。レーザーの場合は1mm万円以下で処置できることが多いです。

詳しく見る

医者

レパートリーが多いと安心

美しくなるためのほくろ除去治療は、美容外科を受診するのがおすすめです。病院を選ぶ際は経験豊富で治療法の種類も揃っているところを選ぶのが無難です。各々でアフターフォローなどサービスが充実しているところもあり、待遇面で選ぶのもよいでしょう。

詳しく見る

女性

体に出来るコンプレックス

ほくろを除去するためには、メスを使った外科施術、液体窒素、レーザー施術など様々な方法があります。ほくろの位置や大きさ、形状によって適切な方法は異なるため、それぞれのメリットを理解し、自分に合った方法を選択することが大切です。

詳しく見る

Copyright© 2018 ほくろの除去方法をチェック!医師に綺麗に取り除いてもらう All Rights Reserved.